製品紹介

射出成形において品質向上の為には金型技術と成形技術の両方が必要です。試作時には量産の観点から成形上の問題点を洗い出しそれを金型修正で直していきます。量産時に安定した成形を行う為にはしっかりした成形技術が必要です。過去の成形条件の蓄積を元に技術者の教育、標準書類への展開に努めています。

 

クリーン

医療用検査機に使われる製品ですので、衛生面での高い安全性が要求されます。製造はもちろん梱包に至るまでクリーンな環境での作業が必要で、本社第三工場のクリーンルームで製造を行います。また1回に32ヶと多数の成形を行うことでコストダウン。取数が多くても安定した生産を行うには、金型設計・製作、成形の高度な技術が必要です。

 

ネジ

金型を使用した射出成形は型に溶かした樹脂を流し込み、型を開くと製品ができているという仕組み。上の写真の製品はネジ穴が四方に空いていますが、これも一度のプラスチック成形でできています。金型を作成する際の型構造の緻密な設計により様々な形状を生み出しています。

 

真円度

円、と言葉にするのは簡単ですが、実際の部品でゆがみのない限りなく正確な円を作り出すのは非常に困難です。元になる金型が真円だとしても仕上がる製品はなかなか真円にはなりません。真円度0.01。先端のテクノロジーと熟練した人間の技術によって高水準の製品が仕上げられていきます。

 

精度

上述の円と同様ですが、求められる精度は製品によって異なります。左の写真の製品の内径では図面上の寸法と実際の製品との間に許される図面公差は±0.01mmでした。当社では金型部、製品部の連携により、こうした高精度の製品を日常的に生み出しているのです。

  • 製品紹介
  • 成形の流れと技術
  • 設備一覧
 
 
 
 

Copyright (c) Seiwa Sangyo Co.,ltd.