環境への取り組み
電動式成形機

現在導入している電動式成形機。

従来の油圧式に比べ電力消費は約1/3に

抑えられる

精和産業では早くから周辺地域や地球環境の保全を意識し全社をあげて取り組みを続けてきました。その一環として平成14年11月には環境マネジメントシテスムに関する国際規格、ISO14001の認定も受けています。
もちろん環境保全への取り組みは継続して向上を図るべき問題。以下にその指針となる2009年版、精和産業の環境基本理念と環境基本方針をご紹介いたします。

 

環境基本理念

『当社は、地球環境の保全が21世紀における人類の最も重要な課題のひとつであると認識し、すべての企業活動を通じてエネルギー、資源の有効活用に努め、環境負荷を着実に削減する努力を継続していきます。』

環境方針

 精和産業株式会社は空圧機器、文具用品、建材関連部品等の精密プラスチック製品の製造を行う企業であることを踏まえ、地域を初めとする地球環境の保全と維持に配慮した行動を継続的にとることとします。
1、環境に関する法規制、その他の要求事項を遵守し、環境の向上に努めます。
2、環境マネジメントシステムの構築により、自主的な環境保護に取り組み、環境破壊、汚染の未然防止を推進します。
3、環境マネジメントシステムの実行状況を定期的に点検し、システムを見直し、継続的に改善していきます。
4、電力消費の削減、騒音レベルの低減に努めます。
5、 この方針は文書化し、全従業員へ周知徹底するとともに、環境保全への向上に努めます。 また、インターネットを通じ社外へも公開します。

2010年2月5日

精和産業株式会社

代表取締役 杉原 弘人

白鳥 正太

  • ご挨拶・組織図
  • 事業所案内
  • 会社概要・沿革
  • 環境への取り組み
  • 品質管理の取り組み
  • 品質保証体系図
 
 
 

Copyright (c) Seiwa Sangyo Co.,ltd.